特別受益の趣旨

特別受益という制度は、生前贈与や遺贈などによって、被相続人から遺産を前渡しされた者とされなかった者との双方に不公平が起きないように措置をとるための制度です。

生前贈与や遺贈などによって遺産の前渡しを受けた者のその分を、持ち戻しという方法をとることによって、相続人同志が実質的に平等に遺産を受け取れるようにします。つまり、被相続人が亡くなった後で分けられる遺産に、生前分けられた遺産を加えて、すべてを公平に相続するように計算していきます。

ですがいわゆる推定相続人ではない、他人への生前贈与などは、この限りではなく持ち戻しの対象ではありません。

生前贈与などの対象となるお金は、結婚などにおける持参金や嫁入り道具等の財産、また住居の新築資金、起業のための資金などがあります。また持ち戻しに関しては、他の相続人から請求されて初めてなされるものですので請求がなければ要求されません。

仮に相続人同志での話し合いが決着しなければ、家庭裁判所に調停、審判の申立てをします。また、生前贈与や遺贈を受けた者が相続放棄した場合や、遺言で全ての相続財産について相応の分割方法の仕方が指定されている場合には持ち戻しはなされません。

コメント

コメントを受け付けておりません。