相続とは相続人が被相続人の財産(借金も含む)を承継すること

民法では、相続が開始するとその者の財産に属する一切の権利義務を承継すると規定しています。

財産法上の法的地位といえるものであればすべて承継するので、現金や土地、建物などのプラスの財産だけではなくて借金などのマイナスの資産も受け継ぐことになります。これを包括承継といいます。ただし債務のなかでも、雇用契約上の労務提供債務や身元保証契約は承継の対象になりません。限度額および期間の定めがない継続的信用保証契約も特別の事情がない限り、保証人の死後に生じた債務については承継されません。これらの債務は一身専属性があるためです。

債務を承継したくない場合には、承継する地位の放棄をすることができます。放棄とは承継人がその意思によって一定の手続きに従い全面的に遺産の承継を拒否することです。家庭裁判所に対して3か月以内に放棄の申述をすることによってなされます。放棄をした場合承継開始時にさかのぼって効力を生じ、放棄した者はその承継についてはじめから承継人とならなかったものとみなされます。限定承認をすることでも債務の過大な承継を防ぐことができます。この制度を利用すると、承継によって得た財産の限度でのみ債務や遺贈などを負担するという留保付きで承継することができます。承継人全員で3か月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。