亡くなった人が被相続人

相続とは財産などの権利や義務を包括的に承継することで、民法に規定されています。一般的には死亡を原因に開始しますが、この場合の死亡には失踪宣告や認定死亡も含まれます。このとき、財産上の地位を承継する人を相続人といい、相続される財産の旧持主である、亡くなった人のことを被相続人といいます。

 相続人となるのは、亡くなった人の配偶者と子供、直系尊属と兄弟姉妹です。また、法人は相続能力を有しませんが、胎児は相続能力を持つとされています。さらに、相続の開始以前に相続人となるべき人が、死亡などによって相続権を失った場合には、その人の子供が代わって相続する代襲相続という制度もあります。

 ところで、相続によって分けられる財産を相続分といいます。相続分は亡くなった人が遺言によって指定できますが、遺言による指定が無い場合には民法の規定によることとなり、これを法定相続分といいます。
まず、配偶者と子供が相続人の場合は配偶者が二分の一で、残りの二分の一が子供の取り分になります。
配偶者と直系尊属が相続人の場合は、配偶者が三分の二で残りの三分の一を直系尊属が。配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、配偶者が四分の三で残りの四分の一が兄弟姉妹の取り分となり、いずれの場合も配偶者以外が複数の時は人数で均等割されます。

 また、相続人は原則として、亡くなった人の財産に関する一切の権利義務を承継するので、負債もまた相続の対象になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。