被相続人の出生から死亡までの一連の戸籍謄本を必要とするのはどうして?

 亡くなった方名義の銀行口座の解約や、不動産の登記名義を変更しようとして、死亡したことが記載されている戸籍謄本を用意しても、それだけでは手続きできず「亡くなった方(「被相続人」といいます。)が生まれてから亡くなるまでの全てを揃えてください」と言われます。

 これはなぜかといえば、銀行口座の解約などは相続人かその代理の方が手続きしますので、銀行や登記所では手続きする人が相続人であることを確認しなければなりませんが、被相続人が死亡したことを記載されている謄本だけでは、亡くなったこと、つまり相続が発生していることは確認できても、すべての相続人を把握することができないからです。

 というのも、例えば夫の子供は全員が相続人になりますが、今の戸籍制度では夫婦と未婚の子供単位で一つの戸籍が作成されますので、結婚した子供は新たに戸籍が作成されて親の戸籍から外れます。その後に、よくあることですが、親の戸籍が書き換えられますと、書換え後の親の戸籍には結婚して外された子供の記載がありませんので、その謄本だけでは全ての被相続人を確認することができません。

 また、戸籍の書き換えは法律の改正があったときに行われるため、書換前の戸籍を遡って確認しなければ相続人である子供や孫を見落としする危険もあります。

 このため、相続人を性格に把握するには被相続人死亡の記載がある現在の謄本だけでは足りず、それ以前の謄本も集めることが必要になるわけです。

ビジネス01
 

コメント

コメントを受け付けておりません。