知らないと恥ずかしい?相続の常識

まずは基本的な順番から行くと本人が死亡すると、その人の預貯金や証券の口座は全て凍結して全ての推定及び法定相続人の合意に基づいて全員の署名と捺印がなければ、口座は再開する事が出来ません。

当然その場にいない人は権利が無いので後で自分の分をくれと言っても財産分割協議に参加していませんからその権利は有りません。

後はこれは本当に常識的な事ですが、もし死んだ人が遺言状を残していた場合は基本的にはその遺言状は本人の意思として尊重されますので、故意に遺言状を隠したり改ざんしたらその時点で受け取る権利が無くなりますので遺言状は死んだ人が書いた状態で残しておきましょう。遺言状を書く側の常識としては財産は全て記入し、日付と署名は忘れずに記入しましょう。自信が無い場合は公正証書として残しておくのも、有効な手段です。

これも常識的な事ですが、借金も財産のうちですから差し引きして借金が残る様であれば権利を放棄するのも遺族としては考えなければいけません。1度返済すると後から発覚した借金も支払わなければいけなくなりますので、まずは遺産確認の時点で他に借金が無いかどうかの確認は徹底的に行いましょう。
財産分割会議は借金を含め全ての遺産の確認と、権利を有する人間が揃った時点で行いましょう。!

パソコン10